ID・パスワード・ログイン管理・フリーソフト・無料アプリ


ID_パスワード_管理

◇ID・パスワード・ログイン管理◇

 幾つものIDやパスワードをログイン管理するのは大変です。沢山あるログイン情報を何かにメモしておくなどしないと解らなくなってしまいますし安易にメモしておくと他人に見られてしまう可能性もあります、そんな面倒なIDやパスワードのログイン管理には「ID_パスワード_管理」にお任せ下さい。とても簡単で強固な暗号化によって保護保存できちゃいます。例え家族でも見られてはならない複数のログイン情報を一つのパスワードで一括管理します。

●ID_パスワード_管理の仕様
 ・200個(登録前は5個)までのIDとパスワードを1つのパスワードで一括管理できます。
 ・独自のロジックで強固な暗号化しますので第三者に読まれる心配はありません。
 ・バックアップ用にファイルをサーバーやストレージに置いておいても総括パスワードなしでは解読は不可能ですので自分以外には
  知られることはありません。
 ・いくつものIDやパスワードを記憶しておくのは難しく同じパスワードやIDをいろんなところで使用するのは危険です。
  全く規則性のない半角英数混在の長いパスワードを使用することが大事ですが憶えておくことは困難です。
  そういった憶にくいIDやパスワードでも「ID_パスワード_管理」で一括管理すればたった一つのパスワードさえあれば簡単にログイン情報
  などを管理ができて便利です。暗号化されたファイルなのでストレージやオンラインストレージなどに保管しておいても安心です。
 ・総括パスワードにはヒントを設定できますので総括パスワードが解らなくなる心配が軽減されます。
 ・最小化するだけですべての表示を隠すことができます。再表示には「データ読み込み」
  コマンドで正しい総括パスワードを入力するとメインフォームにデータを表示できます。
 ・ローカルアプリなのでWindoowsでVB6.0アプリが使用できなくならない限りは永久に使用できますので安心です。


●種類
 基本的にはフリーソフト(無料アプリ)としてご利用になれます。
 ライセンスキー(有料)をご購入されると200個までのID、パスワードのログイン情報が
 管理出来るようになります。


●動作環境
 Windows2000,XP,Vista,7,8,10
 動作するにはVB6.0ランタイムがインストールされている必要があります。
 Unicode文字には対応していません。


●インストール
 インストールの必要はありません。
 圧縮ファイルを解凍して頂いてから「ID_パスワード_管理.exe」と同梱のファイルをフォルダ
 ごと任意のディレクトリ(マイドキュメントやデスクトップなどお好きな場所)に置いて
 「ID_パスワード_管理.exe」を実行して下さい。
 また、「ID_パスワード_管理.exe」のショートカットアイコンを作成してスタートアップに
 登録するとWindows起動時にタスクトレイに常駐しますので便利です。


●アンインストール
 ファイル(フォルダ)を削除するだけです。
 レジストリは使用していません。


●使用方法
 起動時はタスクトレイに常駐します。通常は下部にタスクトレイを配置してある場合は
 右下から中央下あたりに南京錠の形をしたアイコンが常駐。

 タスクトレイのアイコンをクリックしますとメインフォームが起動します。

 「題名」に○×△ログインなどの自分で決めた解かり易い憶えておきたいテキスト、
 「ID」、「パスワード」を入力して「総括パスワード」を決めて「追加する」コマンドを実行して下さい。

 「総括パスワード」は非常に大事ですので決して他人(ユーザー以外の人)に知れないような
 読まれない長めの文字を設定して下さい。4〜47文字の設定が出来ます。
 また、使用できる文字はShift-JISが設定できます。

 半角英数、ひらがな、漢字、半角カタカナ、記号などが使用可能。
 バックスペースや改行コード、Tab文字ほか制御文字など特殊な文字は使用不可。
 (Unicode文字は使用できません)

 また総括パスワードのヒントを入力できますので便利です。これを入力しておくか省略する
 こともできます。長いパスワードになると忘れてしまう可能性が高いので
 他人(ユーザー以外の人)に知られない自分だけ解るように設定することをお勧めします。

 登録件数は5個(有料は200個)まで登録できます、「保存」コマンドをクリックして終了すると暗号化され
 てアプリケーションディレクトリ(フォルダ内)に「EncString.dat」のファイル名で保存されます。

 次回起動時に「データ読み込み」コマンドをクリックしますとパスワード入力用の
 フォームが起動して入力が行えます。

 パスワード入力用フォームの左下のコマンドにマウスをあてるもしくはクリックするとと設定したヒントが
 表示され設定したパスワードと入力された文字列が一致すればメインフォームにデータが表示されます。

 メインフォーム右上の最小化ボタンをクリックしますとタスクトレイに常駐すると同時に表示している
 すべての情報をリセットして隠します。「項目を隠さない」にチェックを入れると最小化しても上部の
 項目を消去しないようにできます。
 最大化した際に「データ読み込み」をクリックして設定した正しい総括パスワードを入力して「OK」を
 クリックするとデータがすべて表示されるようになります。

 メインフォームおよび編集フォームで検索機能によって複数あるリストから検索でが行えます。

 また「編集」コマンドをクリックすると編集フォームが起動します。編集フォームでは並べ替え、昇順ソート
 降順ソート、題名、ID、パスワード、サブ項目1、サブ項目2など各項目のテキストを編集、削除、題名から
 検索など編集が行えます。


●ID_パスワード_管理のダウンロード
Vectorからダウンロードはこちら
ダウンロードページ 19/11/09現在 修正Verを申請中
このサイトからダウンロード
ダウンロード開始  19/11/09現在 Ver1.04



このページをお気に入りに登録してネ☆
(ブラウザのお気に入り)


お知らせ ID_パスワード_管理1.04
・編集コマンドによって変更した場合に保存コマンドが有効にならない不具合によって保存出来ない不具合を修正。



プロフィール 連絡先 更新履歴
Q&A 詳しい使い方 VB6.0ランタイムについて
ダウンロードページ  スタートアップ登録   






フリーソフト・memocopyへ戻る


Copyright (C) ID・パスワード・ログイン情報を一括管理・フリーソフト・無料アプリ・「ID_パスワード_管理」 All Rights Reserved