ロト6予想


ロト6予想アプリ・当たる買い目・予想の仕方・ソフトの使い方

◇ロト6予想アプリ・フリーソフトを使用した攻略法◇

あらゆる過去のデータを参考にいろんな角度からロト6の出目を予想してみました。どの部分が大事なのかはその回数によって結果が違います。競馬や宝くじなどのギャンブル的要素で大切なのは過去のデータです。つまりどの要素に着目するのかということが決め手になってきます。ロト6を予想する場合には意外と偏った出目であることに驚かされます。その偏りこそが注目するべきポイントなんです。今回は人の直感というのも必要ですが細かい計算をソフトに任せてみました。



ロト6予想・当たる買い目の重要なポイント



●総数
 ロト6の予想で大事なポイントの一つになる総数について
 6つの数字の合計を計算します。初回が90という値なので不思議ですが大体多いパターン
 としては90〜180ぐらいの総数が多いです。また200アップはほとんどありません。


 ここ最近100以下の総数が出てないな、という場合は次回こそはということで100以下に的を絞って
 狙う買い目も一つの手です。また奇数の総数がずっと来てないとか、あまり出てない総数ばかり
 来ているなんて時は今度は違う展開か、それとも同じパターンで行くか?
 このあたりはギャンブル的要素なので狙い方もいろいろで重要なところです。


 また総数を先に選んでから予想することによって買い目が少なくなります。複合的な条件を絞りこむこと
 で買い目がさらに少なくなっていくわけです。


●総数が奇数か偶数か
 総数を決定した場合に総数がさらに奇数か偶数かということです。例えば総数を110〜180の設定にして
 奇数か偶数かを決めると、かなり条件が絞り込まれてきます。


●データ数
 これは過去のロト6のデータ数で、過去何回分ということになります。50回データと総データでは
 まったく異なった数値になっています。データ数一つをとっても非常に変わっていくわけですね。


●曜日データ
 ご存じの通り元々ロト6は木曜日だけに発売していましたが第543回から月曜と木曜に発売される
 ようになりました。


 月曜だけのデータと木曜だけのデータを選ぶことによって買い目が微妙に変化していきます。当然
 買い目も少なく絞りこみできます。ロト6で勝つには、いかに買い目を少なくするかということが重要
 になってきます。


●日付
 これは毎月何日とかいう時はこんな結果がある?ということです。何かの記念日とか誕生日とか特別な
 日にちっていうのはありますよね?日付というのは1〜31までしかなく1〜43のロト6の出目とは一致
 しませんが意外とそいういった日付とかで買い目を決めてしまうものです。


 そいういった不思議な要素だけを見てみるとまた変わったロト6ならではの結果になると思います。


●奇数偶数の割合
 よくある出目では「奇数2偶数4」「奇数3偶数3」「奇数4偶数2」が多いと思います。この奇数と偶数の割合
 だけに着目してみるのも面白いですよ。


 奇数と偶数の割合というので逆に消去法として稀なケースを除外出来るわけです。珍しいケースを狙う
 場合とよくあるパターンを狙う予想の仕方というのもロト6攻略では有効手段です。


 例えば前回ロト6のキャリーオーバーがあったという場合は出目が非常に珍しいケースだったという
 可能性が高いわけで確率的に考えると、その次はよくあるケースで狙うという考え方も出来るわけです。


●干支
 カレンダーをみると干支というのがついたものがあります。この干支を切り口にして絞り込んでみると
 かなり稀なケースを発見できます。そういうところに目を付けるのも楽しいかも知れません。


 まあ参考にできるデータは基本的にすべて使用するというロト6的考え方になります。


●六曜
 例えば今日は大安だから縁起をかついで、みたいなのって古くからありますね。こちらも参考程度に
 絞り込む要素として決められるわけですので捨てられません。結果的に友引のときにはこういう数値
 が多いとか赤口のときは極端にこういう数値が多いとかあるわけです。


●月齢
 月というのは不思議な要素の一つです。満月の夜には犯罪が多いとか潮の満ち引きや女性の体とも
 非常に深く関係しています。体の部位を表す漢字としては月という偏が多く使われていますね。


 この月齢を切り口にして参考にすると、これはまた不思議なデータが発見できるはずです。


●間隔合計
 1〜43の数値の間隔に注目しますと1〜43の出目で間隔が非常に離れていたり近かったりします。
 そいういうパターンというのも稀なケースか普段よく出る数値かという判断材料になります。あともう一絞り
 という場合に間隔合計で絞り込むのも一つの手です。また間隔の最大値と最小値を決めていくのも
 いいでしょう。


 さらには間隔合計が奇数か偶数かというところに注目してみるのはいかがでしょうか?


●隣接率
 間隔合計と同じような意味ですが1と2とか12と13とか並んである場合があります。こういった隣接率
 によって絞り込むのも一つの手段です。そいういった出目が多い時もあり考えてみる価値もあります。


●伝承率
 前回と同じ数値のボールを伝承するケースがあります。そういった場合を考慮に入れて予想する
 という考え方もありではないでしょうか?


●除外
 除外出来る出目がある場合は指定すれば、それだけ予想する組み合わせが少なくなるわけですので、
 自然に買い目が少なくなります。


●平均上下
 出目一つ一つが平均以上の確率か以下かということを数値化して計算します。その場合に平均以上か
 否かということをチェックする予想の仕方です。つまり抽選結果が稀なケースか順当なケースかを判断
 します。


●出目表
 あらゆるデータで絞り込んだ出目表によってビジュアル的に出目を予想出来ます。
 また、シャッフル機能搭載で同じ様な模様(出目表の数値の分布)というのがほとんどないので
 ちょっとオカルト的な視覚的要素で判断出来ます。これも勘の鋭い人には有効かも知れません。


●CSV出力
 総数決定画面および個数決定画面でCSVファイルの出力が可能です。CSVファイルですので
 Excel(エクセル)などでデータを加工するのもいいかも知れません。


●新規
 総数に関してですが過去のある時点でその総数が過去にあった総数かどうかという指標です。
 これもまた非常に稀なケースか否かという判断材料になります。


●天気予報
 これはお父さんがこんなことしてる!?とか妹が珍しいことをしてる!?なんて時は「明日は雨だ!」
 なんて会話って結構ありますよね?


 天気をみて次の予想は稀なケースか順当なケースかを判断するのも重要で面白いかも知れませんね。


●決められた数値の中から選ぶ
 1〜43の出目を7つ以上あらかじめ決めておくことで、それら以外は抽選の対象になりません。絞りこみ
 にはもってこいの条件です。


●一度に255回分まとめて予想する
 同じ条件で一度にまとめて1回〜255回分の予想をしてテキストファイルに出力が可能です。


●「メモ」に文字列や数値を記憶可能、「電卓を起動」コマンドを追加。
 何か規則的な数値を発見したら計算してみるといいかも知れませんね。


●メインフォーム


ロト6予想フリーソフト・randomlotoメイン画面



●randomlotoのダウンロードはこちら
Vectorからダウンロードはこちら
ダウンロードページ  (別ウィンドウで開きます)


よろしかったらロト6ブログ応援よろしくお願いします。(使い方例など細かい設定方法と予想の仕方が図入りで解りやすく説明してあります)
ロト6予想アプリブログ (別ウインドウで開きます)


更新履歴


このエントリーをはてなブックマークに追加


 
  このページをお気に入りに登録して下さいネ☆(ブラウザのお気に入り)





プロフィール メール リンク
Q&A 詳しい使い方 VB6.0ランタイムについて

Copyright (C) ロト6予想アプリ・当たる買い目・予想の仕方・ソフトの使い方 All Rights Reserved




[PR] 節約生活