更新履歴 更新履歴

フリーソフト・memocopy

TOP>更新履歴


◇更新履歴◇
●2008/04/06 memocopy1.00
●2012/01/11 memocopy1.01
 ・クリップボードチェインが切れることがあると、そこからテキストを拾わなくなりますので、サウンドを追加しました。
●2012/01/17 memocopy1.02
 ・エラートラップに飛んだ場合にファイルを閉じる作業がなかったので追加しました。
 ・文字列の前後にスペースを含むクリップボードのテキスト内容の場合トリムしていました
  がデータを忠実に加工しないように修正しました。
 ・ループ処理のときにWindowsに処理を移すように修正しました。
 ・URLやメルアドと思われるテキストを右クリックした場合テキストの右側最後の文字列
  が改行の場合でもIEやOutlook Express新規メールを起動するように修正しました。
●2012/01/23 memocopy1.03
 ・改行文字だけをコピーした場合上手く保存できなかった不具合を修正しました。
 ・無駄コードを除去。
 ・メールアドレスを256文字まで取得するようにした際の変数の関係でオーバーフローする
  ようになっていた不具合を修正しました。
●2012/08/24 1.04
 ・「次の文字を含まない場合は入力しない」という設定が正しく動作しなかった不具合を
  修正しました。
●2013/08/18 1.05
 ・「&」の文字がポップアップに「_」と置き換わって表示されていた不具合を修正。
●2013/10/22 1.06
 ・WindowsXPより上のバージョンで文字化けする可能性があったので修正。
 ・サウンドONまたはサウンドOFFの状態が保存されてなかった不具合を修正。
 ・メインフォームを起動中にボタンのあたりにマウスをあてるとポップアップが起動して
  しまう不具合を修正。
 ・クリップボードが変化した時は常にサウンドを鳴らすことが出来るように修正。
 ・クリップボードチェインが切れた場合アプリ終了せずにメニューのクリップボードチェイン
  再接続にて行えるように修正。
 ・クリップボードチェインを定期的に接続するように時間設定できるように修正。
 ・コピーしたテキストの間に境界線を入れることが出来るように修正。
●2013/10/29 1.07
 ・URLFolderとMAILFolderの「次のサイズ以上になったら削除する」が入れ違っていた不具合を修正。
 ・65535文字まで入力できていなかった不具合を修正。
 ・ポップアップにすでにある文字列の場合取得するかどうか選択できるように修正。
 ・オプションの条件でURLに関してhttp://だけでなくhttps://も含めるように修正。
 ・テキストボックスを表示しているときも文字列を追加できるように修正。
 ・オプション設定時にポップアップウィンドウの大きさが設定と異なっている不具合を修正。
 ・65535文字以上の場合メッセージなしでスルーしていたがメッセージを出すように修正。
 ・「サウンドON(クリップボードコピー時は常にサウンドを鳴らす)」を廃止
●2013/11/06 1.08
 ・右上の×で閉じるボタンを不可に設定、閉じるボタンを追加。
 ・ポップアップを5個または7個まで出来るように修正。
 ・ラベルの文字列で表示されていない分はカットしてメモリ消費を削減するように修正。
 ・ポップアップの5つ分(7つ分)のテキストは、それぞれ65535文字以上でも記憶するように修正。
  ただしテキストボックスに残すデータは65535文字以上は表示しません。
 ・ポップアップの5つ分(7つ分)のデータの一つ一つははメモリの最大限まで記憶出来るので
  65535文字以上の場合メッセージを出す機能を廃止。
 ・URLFolderおよびMAILFolderの自動削除機能を廃止。
 ・URLおよびメールアドレスの取得を255文字までとなっていたが256文字まで取得するように修正。
 ・余分なコードがあったので削除。
 ・メインフォーム右下のコマンドボタンの「閉じる」を「終了」と修正。
 ・オプション画面でダメ出しが原因でユーザーが終了できない時のために解りやすく
  「変更しないで閉じる」ボタンを追加。
 ・メニューの「ファイル」→「開く」の場合巨大ファイルを開いたときに途中で抜けること
  ができなかった不具合を修正。
 ・URLデータおよびMAILデータが上書き保存されないように日付時間プラス_0001のように数値を
  インクリメントしてファイル名が一致しないように修正。
●2013/11/20 1.09
 ・枠ウィンドウを追加。これとサウンドによって視覚的、聴覚的にクリップボードチェインが
  切れたかどうか確認できます。
 ・ポップアップウィンドウのロストフォーカスイベントが余分だったので削除。
 ・オプション画面をタブにして細かく編集可能になるように修正。
 ・memocopyのすべての画面で(memocopy起動時は)文字を取得するように修正。
 ・タイマーで定期的にクリップボードチェインに繋げるように修正。
 ・URL取得とMail取得機能を廃止しました。
 ・ファイル開く際に現在のテキストがある場合メッセージで確認するように修正。
 ・ポップアップウィンドウに取得表示のテキストデータは一番上のデータ(最新のクリップボード
  のテキストデータ)と同じでない限りそのまま取得するように修正。条件タブで設定した内容は
  テキストボックスのみに追加の可否をするように修正。
 ・テキスト取得の際にエラーした場合、メッセージが出るため次のウィンドウにメッセージを
  渡せなかった不具合を修正。
●2013/11/23 1.10
 ・「ファイル」から「開く」の際にエラーした場合タイマーカウントが止まってしまう不具合を修正。
 ・モニターウィンドウ表示の際ポップアップウィンドウのマウスムーブイベントで巨大なテキストを
  扱う場合にメモリー使用率が大きすぎた問題を修正。
●2013/12/10 1.11
 ・テキストボックスの容量を60000文字〜20000000文字までログを残せるように修正。
 ・「ファイル」から「開く」の際にキャンセルしても読み込んでしまう不具合を修正。
 ・「ファイル」から「開く」またはmemocopy起動時に「jduhzon.dat」を読み込む際に「中止」が
  出来るように修正。
 ・メッセージが出ている際にクリップボードの変化があった場合クリップボードのテキストを
  取得しようとしてエラーしてしまう不具合を修正。
 ・「次の文字を含む場合は取得しない」「次の文字を含む場合は取得する」のダメ出しの
  メッセージが違っていた不具合を修正。「入力しない」→「取得しない」に修正。
 ・フォーム起動時にエラーした場合テキストボックスのデータが消えてしまう不具合を修正。
 ・今回の修正からテキストボックスの容量が大きくなるので、それにつれて処理が重くなって
  いくので文字を反転機能と「Copy1」〜「Copy7」のコマンドボタンを廃止。
 ・txtファイルをdatファイルに変更。
 ・ファイル読み込みにバッファを使用してオプションから数値を設定出来るように修正。
 ・テキストボックスの文字を反転している場合はテキストボックスに文字を追加しないように修正。
 ・テキストボックスに追加の際、白紙状態から改行だけ余分に入っていた不具合を修正。
 ・テキストデータかどうかのチェックを文字列で判断していたがテキストデータ以外は
  シャットアウトするように修正。
 ・枠ウィンドウ表示の際エラーした場合メッセージを出すように修正。
 ・オプションから入力条件でタブ文字のチェックおよびダブルクォーテーションが利用できるように修正。
 ・オプションから「現在のクリップボードのテキストと同じ場合はスルーする」のチェック
  を外しても反映されなかった不具合を修正。
 ・巨大なテキストファイルをコピーした場合二回コピーしてしまう不具合を修正。
 ・「最新のクリップボードのテキストと同じ場合はスルーする」を廃止、無条件でこの場合はスルーするように修正。

プロフィール メール リンク
Q&A 詳しい使い方の説明 インストール及びスタートアップ登録の仕方



Copyright (C) フリーソフト・memocopy All Rights Reserved